旅行に行く時は猫はどうする?

旅行に行く時は猫はどうする?

 

家族旅行などで、どうしても猫を置いていかなければいけない場合があると思います。ペット同伴可の施設もありますが、猫は場所が変わることがとてもストレスになります。犬のように草原を駆けまわるわけでもないので、連れて行っても猫にとっては迷惑な場合があります。そこで、旅行中の猫はどうしたらよいのでしょうか。

 

ペットホテルに預ける

一番良い方法がペットホテルに預けるというものです。動物病院でも受け付けている場合があるので利用しましょう。ペットホテルにいれば、常に世話をしてくれる人がいるので安心して旅行を楽しむことができます。ただ、ほかの動物も一緒にいて、犬や猫の匂いが付いている場所が多いので、猫はとてもストレスを感じます。長期間預けるのは避けましょう。
猫によっては飼い主がいない不安からパニックを起こす子もいます。そういう場合もペットホテルで面倒を見てもらいましょう。家に留守番させていると不安でおしっこを別の場所でしてしまったり、呼吸が苦しくなってしまってしまう可能性もあります。

 

自宅で留守番させる場合

予備のトイレを置いておく

猫はきれいなトイレを好みます。数日掃除がされないトイレでは猫はストレスを感じるので、いつもより多くトイレを準備しておきましょう。

 

ごはん、水は十分に置いておく

帰ってくるまでごはんや水が無くならないように十分な量を用意しておきましょう。ご飯は自動で出てくるものなど、たくさん入れておけるものを準備するのもいいかもしれません。特に水は脱水症状を起こさないように数か所に準備しておきましょう。こぼれてしまわないように浅いお皿は避けたほうが良いです。

 

室内の温度に気をつける

特に夏場は密室になるため、高温になります。エアコンはつけっぱなしで出かけましょう。その際冷やしすぎも猫の体に悪いので部屋に合わせて適温にします。だいたい28℃くらいが良いと思います。冬場は寒くならないように暖かい毛布などを準備してあげてください。

 

部屋をきれいにしておく

飼い主がいないストレスなどから、誤飲をしてしまったり、部屋を荒らしてしまう可能性もあります。異常をすぐに気づくことができないのでリスクになるものは全て手に届かない所にしまうか、処分しましょう。

 

戸締りをしっかりしておく

特に完全室内飼いの猫は脱出しないようにきちんと施錠をしておきましょう。

 

3日以上の留守は誰かに世話を頼む

長期間自宅で留守番をさせる場合、トイレ掃除やえさ、水を与えるために友人やペットシッターなどに依頼して世話をお願いしましょう。猫だけで3日以上過ごさせるのは避けてください。