ねこ草は必要?効果は?

ねこ草は必要?効果は?

猫草とは

猫草と呼ばれるものは、燕麦(エンバク)や小麦などのイネ科の若葉を総称して呼んでいるもので、平べったく先端が尖っている草が特徴的です。ペットショップなどで販売されているのは背が低く密集しているものが多く、猫が食べやすい大きさに成長します。栽培も簡単で、何度も生えてくるので手がかかりません。自然に生えているものもありますが、農薬などが掛かっている可能性もあるので、安易に与えるのはやめたほうがいいでしょう。

nekokusa

 

猫草の必要性

「猫草、という名前が付いているから猫は好きなんだろう」と思う人もいるかと思いますが、これは猫によって好き嫌いがあるので一概に好きとは言えません。猫草が大好きですぐに食べ終わってしまう子もいれば、全く食べない子もいます。しかし、食べないからと言って不安になることはありません。
本来猫は肉食の動物です。穀物であるイネは、猫にとって消化がしにくく、栄養にはなりません。キャットフードをきちんと与えていれば食べる必要はないと思います。ただ、猫草は猫が食べさせても安全な数少ない植物です。猫草が好きな子には、嗜好品の一つとして与えるのも良いのではないでしょうか。

 

猫草の効果

それではなぜ、本来必要ではない植物を自ら食べるのでしょうか。詳しい理由はまだ解明されていませんが、諸説はいくつかあるそうです。

 

整腸作用がある

猫は便秘になりやすい動物です。肉ばかり食べていると、どうしても食物繊維が不足してしまい、うまくうんちが出せない状態になってしまうこともあります。そういった際に猫草を食べることで食物繊維を補い、便秘を解消しているのではないかと考えられています。また、おなかの張りも草を食べることで解消される可能性もあるそうです。

 

胃もたれを解消する

吐き気がするとき、毛玉がうまく吐き出せないときなど、胃に何らかの不快感があったときに猫草を食べることで胃を刺激し、嘔吐してすっきりする作用があるのではないかと考えられています。ただ、何度も吐く場合は一度動物病院で診てもらったほうが良いでしょう。

 

ただ単に好き

kira

上記のように何か理由があるわけではなく、ただ単に草の味や食感が好きで食べる猫もいます。キャットフードばかり食べている猫からしたら、新しい食べ物は魅力的です。安全に食べることのできる植物であることも魅力的ではないのでしょうか。嗜好品の一つとして食べる猫もいるそうです。

 

 

ビタミンを摂取している

猫草に含まれている様々なビタミンを、食べることによって摂取している説もあります。体調がすぐれないとき、小腹がすいたときなどに食べることによって体調を整えるためとも言われています。