猫アレルギーの原因と対策

猫アレルギーの原因と対策

【猫アレルギーとは?】

主に猫の毛やフケなどを触ったり、吸い込んでしまう、舐められるなどして唾液が付着すると体内の免疫反応が過剰に反応し、体外に排出しようと様々な症状をもたらす病気です。これらは猫のいる空間で発症することが多いですが、酷くなると猫を飼っている人に付着した毛などで反応を起こしてしまう人もいます。

 

【猫アレルギーの主な原因】

猫から分泌される「アレルゲン」という成分がアレルギー反応を起こす原因とされています。この成分は唾液に多いのですが、猫はグルーミングで全身を舐めるため、身体のほとんどに付着していることになります。そのため、直接猫に触れていなくても抜け毛に触れる、吸ってしまうなどでも反応が起こる場合もあるのです。唾液以外にもこのアレルゲンという成分は頭や首回りにも多く分泌されているため、頭をなでた時などに発症するケースもあります。

 

【猫アレルギーの症状】

猫アレルギーで起こる症状は一般的なアレルギー反応と同じような症状が出ます。花粉症と似たような症状が出ると言われているので気がつかない場合もあります。特徴は「猫のいる空間」で症状がでることなので、異変を感じたら病院で検査をしてみることをおすすめします。

  • 咳が出る、息苦しい
  •   よく見られる症状です。息苦しい場合は注意しましょう。

     

  • 鼻水が出る、鼻づまり
  •   よく見られる症状です。花粉症と間違いやすいので注意しましょう。

     

  • 目のかゆみ、充血
  •   猫を触った手で目を擦ると悪化する可能性があるので必ず手を洗いましょう。

     

  • 体のかゆみ
  •   猫の毛は抜けやすく、空気中に舞いやすいため衣類や体に付着しやすいので注意が必要です。

【猫アレルギーの対策】

「アレルギーだけど、猫が好き」「一緒に暮らしたい」という人も多いと思います。まずは専門医に相談のうえ、検討しましょう。自身がアレルギー反応を起こさないためには自分の身の回りを綺麗にすることです。猫にグルーミングをするなとは言えませんからね。そこでアレルギー反応を少しでも抑えるためには最低限以下の対策をしましょう。

 

  • 手洗い、うがいをして皮膚に付着した物質を落とし体内に入らないようにする
  • 衣類に付着した毛などをコロコロやテープで取る
  • 掃除機をこまめにかける
  • 寝室には入れない
  • HEPAフィルターの空気清浄機を猫のいる空間に設置する

 

これらを行うことでアレルギー物質による反応を抑制する効果があります。積極的に行いましょう。

 

最後に、猫は避妊・去勢をすることでFel d1というマーキング行為の際に分泌されるアレルギー物質を抑制させることができます。避妊・去勢は猫自身の病気のリスクを下げるためにも効果的です。