猫を部屋飼いするときの注意

猫を部屋飼いするときの注意

猫を外で飼おうとすると交通事故や他の猫との喧嘩など様々な危険があります。そういった危険から守るためにも室内飼いは安心して猫と暮らせる良い方法です。しかし、室内だからこその危険もあります。それでは、どういったことに気をつけなければいけないのでしょうか。

 

《誤飲、誤食をさせない》
私たちが生活していくためには様々な食べ物や道具が必要です。しかに猫にとってはそれらがとても有毒で死にいたる場合もあります。室内で飼っている猫は、人間の目の届かない場所で危ないものを口にしているかもしれません。興味本位で誤飲、誤食をする可能性があります。そうならないためにも部屋は綺麗にし、開けられて困るものは届かない場所にしまっておきましょう。特に小さいものは要注意です。

 

《水場に気をつける》
猫は水が苦手な子が多く、水に浸かってしまうとパニックになってしまう子もいます。そうならないように水場は気をつけましょう。特に注意しなければいけないのがお風呂場です。浴槽は非常に滑りやすく、手をかける場所も少ないため一度落ちてしまったら自力では抜け出せない猫も多いです。最悪の場合溺死してしまう可能性もあるので、お風呂場に入れないようにきちんとドアを閉めておきましょう。

 

《コードに気をつける》
コンセントにじゃれたり、興味本位でかじってしまい感電してしまう危険性もあります。無駄なコードは抜いておく、噛まれても大丈夫なようにコードをしまったり、カバーをつけておくなどの対策をしておきましょう。

 

《火に気をつける》
料理をしている際にキッチンに猫が乗ってきて火傷をしてしまう場合や、ストーブの近くに寄りすぎて火傷をしてしまうなどの可能性があるので火を使っている場合は十分に気をつけましょう。最近では電気ケトルに入ったお湯をひっくり返してしまう事故もあるので注意が必要です。

 

《去勢、避妊をする》
「外に出さないから大丈夫」というわけではありません。発情期特有の大きな泣き声は近隣住人に迷惑がかかります。また、スプレー行為なども行い、家中が臭くなってしまいます。何かの拍子で外に出てしまった場合にも、不妊手術をしていなければ妊娠して帰ってきてしまう可能性もあるのです。必ず避妊、去勢手術は行いましょう。これらは生殖器の病気を回避するためでもあります。