猫を放し飼いするときの注意

猫を放し飼いするときの注意

猫を室内と外の両方で飼う場合、完全に外で飼う場合に分かれると思います。外で飼うことによって猫は自由に自分の好きなことをし、好きな時に帰ってきてご飯を食べたりします。猫らしい生き方、といえばそうなりますが、外で飼うことには様々なリスクがあります。そこで、どんなことに注意すべきでしょうか。

 

《車との事故》
車の通りが多い場所や、広い道路がある場合など外にいる限り車との接触は避けられません。猫は急に飛び出すことが多く、車と接触したり轢かれてしまうことも多いです。夜も危険で、車のライトで目がくらんで動くことができずに轢かれてしまう子もいます。車を怖がる猫なら良いのですが、そうではない猫は要注意です。また、車の下やバンパーの中に入っている猫もいます。人間側が気をつけなければどうにもならないこともあるので、危険を回避してくれることを祈るしかありません。

 

《他の猫との喧嘩》
近くに野良猫や外飼いの猫がいる場合、猫同士の縄張り争いがおこります。そうした際に激しくケンカをすると爪で引っ掻かれたり噛みつかれたりして怪我をする場合があります。このときに相手が何かしらの病気を持っていた場合に感染してしまいます。特に繁殖期のオス同士は激しい喧嘩をするので予めワクチンを接種しておくなどの予防が必須になります。

 

《予期せぬ妊娠》
メス猫を飼っている場合、避妊をしなかった場合は妊娠をする可能性もあります。子猫がほしい場合は別ですが、世話ができない場合は避妊をしてから外に放してあげましょう。無責任な妊娠は飼い主としてしてはいけないことです。

 

《人間による危害》
猫が嫌いな人からすれば、猫が自分の庭にいるのも嫌になります。もし自分の飼い猫が相手の庭を荒らしたりした場合に、石を投げられたり叩かれたりなどの危害を加えられるかもしれません。近隣に猫嫌いな人がいたらそういった人為的被害も考えなければいけません。

 

《ノミ・ダニなどの寄生虫》
草むらなど、自然界にはたくさんのノミやダニが生息しています。これらの虫を駆除し寄せ付けなくする薬があるので必ず処置しましょう。皮膚炎の原因になったりします。また、家の中に入ってくることでかゆみがでたり、アレルギーになったりする可能性もあるので注意が必要です。

 

《平均寿命の短縮》
完全室内飼いの猫に比べて、外で飼っている猫は2倍近く寿命が短くなるといわれています。その原因の一つとして感染症などの病気が挙げられます。どれだけこちらが予防しても、ほかの猫からの病気や外からの有害物質から守ることは難しいです。