現在のキャットフードの、様々なカタチ

現在のキャットフードの、様々なカタチ

よくテレビのCMなどで、キャットフードやドッグフードの宣伝などがなされたりしていますが、

 

中でも、これらの中心となっているものが、ドギーマンやカルカン、ピュルナ・フィリックスなどが中心になっています。

 

では今から、それらの中でもキャットフードのほうに関して触れてみたいと思います。

 

キャットフードに関しては現在、やはり先程も挙げた3社などがCMなどを多く製作してテレビでの広告を出したりしているような感があります。

 

 

しかし、このようなメディアなどによるCM以外においても、インターネット通販や通常の通信販売、店頭販売などにおいて、

 

様々なメーカーによるものが多く製作・製造などをされて市場へ出回ったりしているようです。

 

例えばロイヤルカナンが生産しているキャットフードなどがそれらのフード商品の一種といえるものにあたりますが、

 

これなども1袋4sあたり中々な購入価格の相場であり、税込みで4078円という単品購入での値段です。

 

そのうえで送料が付くような状態ですので、決して安いとはいえない相場である点は仕方が無い面もあるかもしれません。

 

それでも大変人気がある栄養価の高いフード類といえます。

 

その他にも様々なメーカーのものなどが多く販売をされているような状況なので、これらのキャットフードの購入を考えるのも手かもしれません。

 

 

キャットフードの「カルカン」について

 

よくテレビのCMなどで宣伝映像が流されているキャットフードの1つである「カルカン」ですが、

 

これ自体は製造主であるマースインコーポレイテッド社による製作されたぺットフード商品にあたります。

 

そしてこの商品には、子猫用と成猫用、シニア猫用の大きく分けて3種類のものからなるものがあり、

 

さらにこれらの商品の中に幾つもの種類のものがあるといったカタチになっています。

 

 

 

例えば、『カルカンドライ チキンと野菜』という名前の商品がありますが、これにも先程の各猫用向きのものの分類があり、

 

そのうえで同じ値段の800gあたり税込み価格468円という値段の相場になっています。

 

これはカルカン商品のほんの一例といえますが、中には種類あるいは分類、

 

もしくはそれらの両方の面で購入価格の相場が異なる場合などもありますので同じ会社による製造のものではあっても、

 

本当にバリエーションの違いが豊富な商品であるといえます。

 

 

 

また、カルカンにおいては、成猫用の下部尿路における健康面への配慮をしたまぐろと野菜を原材料にして作られた商品のタイプなども存在しています。

 

その他、様々な猫一般に全体的に見られる体質・身体症状や健康面などに合わせたタイプのものなども作られたりしていますので、

 

それぞれの飼い猫ごとに合ったものを選べる点がとてもありがたいといえます。