猫の好物とおやつについて

猫の好物とおやつについて

猫の好物は?

raito2

猫には個々に、嫌いな味と好きな味があります。人間と同じですね。今キャットフードにはたくさんの味がありますが、その子にあった味でなければ食いつきはよくありませんし、食べないものをわざわざ買ってきてもお金の無駄になるだけです。その中で好きな味、食い付きが良いキャットフードを探してあげましょう。では、猫は基本的にどんな味が好きなのかをあげてみます。

 

猫=魚というイメージが強いと思います。確かに、魚が好きな猫は多いですよね。王道のまぐろやかつおは匂いをかいだだけで大喜びする子もいるのではないでしょうか。ウェットフードではフレーク状の魚をゼラチンのスープで固めてあったり、スープとして売ってあったりとその製造方法は様々です。魚といってもまぐろやかつおだけではありません。最近ではサーモンや白身魚、ほたて、カニなどの身や味で作られた缶詰も売っています。こういうたくさんのフレーバーの中からお気に入りの一つを見つけるのも楽しいですし、逆にいえば複数の味よりも単品のほうが好きな猫もいるので新たな発見にもなりますよね。
ドライフードはまぐろ味が多いと思います。ウェットフードよりも魚の味は豊富ではありませんが、その中に野菜やお肉味が混ざっていたりと、1袋で数種類の味が楽しめるものが多いようです。

gohan

 

猫は肉食です。魚よりも肉のほうが好きという子も珍しくないでしょう。魚はまぐろが多いですが、肉はささみが多く販売されています。ささみはヘルシーなのでカロリーを抑えることもできます。ウェットフードはささみにほたてのだしを加えたり、かにかまを混ぜたり、単品だけではなく何個か味を加えたものも販売されています。ずっと同じささみを食べている子には味の変化があっていいですね。鶏肉ではほかにも砂肝が含まれている缶詰もあるようです。
もちろん、牛肉や豚肉も販売されています。こちらもフレーク状になっていて、鶏肉や魚と合わさっていることが多いようです。また、羊肉も販売されています。ドライフードは肉単品の味はあまり見かけませんよね。まぐろ&ビーフなどは売っていますが、基本はマグロなのでしょう。それとは逆に、ドックフードは肉単品が多く、魚味はあまり見ませんよね。これもその動物による好き嫌いの比率によるものだろうと思います。

 

乳製品

チーズやミルクなどの乳製品も好きなものの一つです。チーズは固形のまま販売されていることが多いです。ドライフードにも小さく加工されたチーズがそのまま入っているものもありますよね。ミルク味も、ウェットタイプでクリーミーさを出すために使われていたり、ドライフードの中にも通常よりやわらかく作られたサクサクとしたものもあります。こういった乳製品は、子供のころ飲んでいた母親の母乳を懐かしく感じて好きな子が多いそうです。猫用のミルクを温かくして飲ませるとおいしそうに飲む猫も多いですよね。

 

 

猫のおやつ

猫用のおやつも、今はたくさんの種類があります。与える量を気をつけてあげれば、猫とのコミュニケーションをとったり、しつけに利用できたりとメリットが多いです。猫のおやつではどんなものがあるのかあげてみます。

 

またたび

猫のおやつとしてあまりにも有名なのがまたたび。これは性的興奮を起こす匂いがあり、またたびに顔をこすりつけたり、激しく体を床にごろごろさせたりなど、興奮する猫が多いようです。粉のものから木まであり、またたびのにおいがついたおもちゃも販売されています。猫を飼っている方は1度は飼い猫に与えたことがあるのでは?しかし、中にはまたたびが嫌いで怒る猫もいるので、無理強いはよしましょう。

yuki

 

デンタルケア用のおかし

猫は普段、ドライフードなどの固いものを食べて、歯垢を除去していますが、やはり歯磨きをしてあげないと歯周病のリスクはとても高くなります。しかし、慣れていなければなかなか歯磨きをさせてくれません。そういったときに与えるのがデンタルケア用のおやつです。猫の歯にうまくあたる形状をしており、とても固いので噛んでいる間に歯垢を削り取ってくれます。また、歯に良いとされているキシリトールが配合されていたりします。おかしとして与えるだけでデンタルケアも出来るので便利です。

 

ゼリー

ウェットフードと同じように柔らかいものですが、小分けになっていてちょこっとあげたいとき、ご褒美としてあげるためにゼリー状になっているおやつです。ほとんどがパウチに入っています。つるんと食べられるので噛む力が弱くなった老猫にも与えやすくなっています。

 

かつおぶし

猫用に作られた、塩分控え目なかつおぶしが販売されています。そのままあげてもよし、いつものごはんにかけてもよし、と1袋あれば色んなものに活用できます