市販のキャットフードのメリット・デメリット

市販のキャットフードのメリット・デメリット

rakuichi

通販などで買わなくても、スーパーやペットショップで手に入ることが気軽に買える市販のキャットフード。プレミアムキャットフードと比べてしまうと劣ってしまいますが、単品で考えると良いことはたくさんあります。そこで市販のキャットフードのメリットとデメリットを書いてみました。

メリット

値段がお手頃

市販のキャットフードで一番の強みといえば、値段がそれほど高くないという事でしょう。1袋1000円以下で買えるのがほとんどです。特に多頭飼いや猫以外にも動物を飼っている人にとっては良心的でしょう。

 

種類や味が豊

ペットショップで売られているキャットフードのコーナーをみると、多くの種類があります。カリカリに鰹節が入っていたり、クリーミーなドライフードが入っていたり・・・。猫たちには飽きの来ない味が豊富です。また、色んな会社のキャットフードが売られているのでよく食いつくものを選べることも出来ます。

 

栄養がある

子猫から老猫まで年齢に合わせて必要な栄養素を取ることができます。

 

 

デメリット

合成添加物や保存料が多い

原材料に似せるための添加物や、長期保存のために使われる保存料、色を良く見せるためだけに使われる着色料など必要以上に使用されている場合があります。こういったものは、猫の体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

穀物類が多く含まれている

量増しをするために、本来猫に不必要な穀物を使用している場合があります。それによって十分な栄養がとられていないことになります。

 

原材料に悪いものを使っている可能性がある

とても人間が食べれないような部分を加工して使っている会社もあるそうです。もちろん、きちんと作っている会社もありますが、表記の仕方が明確でなくても良いので、どれが本当に良くてどれが悪いのかが見た目だけでは分からない部分があります。