ワクチン摂取は必要あるの?

ワクチンの摂取って本当に必要?

【なぜ猫にワクチンが必要なのか】
私は完全室内飼いだから大丈夫、今まで猫にワクチンを打ってこなかったが何も病気をしていないから問題ない。
そう思っている飼い主も少なくないと思います。動物病院に行くと必ずワクチンについて質問されます。
その時に接種していないと言うとワクチン接種を勧められますよね。なぜそんなにワクチンが大切なのでしょうか。

 

ワクチンの一番の目的は「感染症の予防」です。猫には猫だけで伝染する感染症があります。
それが、猫風邪や猫白血病、猫エイズなどです。
白血病やエイズは一度感染してしまうと二度と治りません。
ワクチンで予防しておけば感染率は極めて低くなります。
猫が苦しんで死なないためにも、飼い主としてワクチン接種は義務でもあるんです。
これらの感染症は外に出ている猫の方が感染率が高くなります。野良ネコの喧嘩などが原因です。
また、自分が病気を持っていた場合、相手に移してしまうことになります。
被害を防ぐためにも外に出す猫はすべての種類のワクチン接種が推奨されます。

 

完全室内飼いでも、私たちが外からウイルスを持ってくる可能性があります
大丈夫だと安心していると思わぬところから感染してしまうことがあるので室内飼いであっても最低限のワクチン接種はしておきましょう。
子猫や高齢の猫の場合、免疫力が低いので少しの病気であっても重症化してしまいます。
最悪死亡してしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

【ワクチンの種類】

 

・不活化ワクチン
化学処理などで死んだウイルスや細菌を使用したワクチンです。副反応が出にくいのが特徴ですが、持続期間が短いのが難点です。ワクチンの種類が多いです。皮下注射・筋肉内注射で摂取できます。

 

・生ワクチン
毒性を弱めたウイルスや微生物を使用したワクチンで免疫力の持続が強いのが特徴です。ただし副反応の可能性があるので猫によっては合わないかもしれません。敗血症の予防ワクチンがあります。皮下注射・筋肉内注射で摂取できます。

 

【最低でもこれだけは摂取しておいた方が良いもの】
ワクチンは1種から7種まで選ぶことができます。これは値段や飼っている猫の環境、個体差によって接種の種類が変わっていきます。ワクチンを接種する上で最低でもしておきたいのが「猫ウイルス性鼻気管炎」「猫カリシウイルス感染症」「猫汎白血球減少症」に対する3つはワクチン摂取で予防しておきましょう。

 

  • 猫ウイルス性鼻気管炎とは猫インフルエンザとも呼ばれ、すべての猫が感染する感受性を持っています
  • 猫カリシウイルス感染症とは猫風邪のことで、猫ウイルス性鼻気管炎と併発するとウイルス性呼吸器感染症になり重症化する可能性があります。
  • 猫汎白血球減少症は致死率、伝染性が高く嘔吐や下痢、食欲不振などを起こし最後は死に至ります

 

この3つは猫にとって脅威となります。ワクチンで防ぐことができるので感染する前にワクチンを打ちましょう。