『猫』を使った言葉

日本には「ことわざ」という言葉があります。
昔から使われている言葉で、あることをほかの言葉で例えるのは「なるほど」と思うことも多いですよね。数あることわざの中から、今回は「猫」という言葉を含むことわざを紹介していきます。

 

・猫に小判
貴重なものを与えても、本人にはその価値がわからないこと。
(とても有名なことわざです。確かに猫に小判を与えても猫にはなんの嬉しさも無いですよね)

 

・猫の手も借りたい
非常に忙しい様子。どんな手伝いでもいいからほしいこと。
(猫の手を借りたところで役に立つとは思えませんが、それぐらい切羽詰まっているという例えです)

 

・猫に鰹節
好きなものを近くに置いておくのは危険であること。過ちを犯しやすい。
(猫の近くに鰹節を置いておくとダメと言っても食べてしまいますもんね)

 

・窮鼠猫を噛む
絶体絶命になったとき、死に物狂いで抵抗すれば弱い者が強いものに勝つこともある
(窮鼠とは追い詰められたねずみの事です。たまにねずみに噛まれる猫がいますよね)

 

・猫の前の鼠
進むことも退くこともできずどうにも動きが取れないこと
(ねずみが猫に追い詰められている様子)

 

・猫も杓子も
誰も彼も、それもこれも、同じことをする
(杓子とはしゃもじの事です。なぜ猫と関係があるのか、それは諸説あって決定的なものはないそうです)

 

・猫を被る
本性を隠しておとなしくしていること
(猫は一見おとなしくポーカーフェイスであることから、本性を隠している様子を表しています)

 

・猫にまたたび、お女郎に小判
大好物のたとえ。非常に効き目があること。
(女郎とは江戸時代にいたやや貧しい身売りの人のことです。小判は当時は大金でした)

 

・女の心は猫の目
女心は変わりやすいこと
(猫の瞳孔はころころと変化する様子から例えられました)

 

・猫が肥えれば鰹節が痩せる
一方が良ければもう一方は悪いこと
(確かに、食べたほうは良いですが食べられたほうは無くなってしまいます)

 

・犬は人につき、猫は家につく
主人が引っ越すときに犬は付いてくるが、猫はその家に残るということ
(確かに、猫は家に付くと言われます)

 

・借りてきた猫
いつもと違う様子。おとなしくしていること。
(猫は知らない場所では隅でじっとしていますよね)

 

・魚を猫にあずける
最も危険な相手にものを預けること
(すぐに食べられてしまいます)

 

・猫なで声
機嫌を取ろうとする媚びた声
(猫も何かおねだりするときは甘えた声を出しますよね)

 

・猫は3日を1年とする
成長が早いこと
(猫も犬も、すぐに大きくなりますもんね)