安全なキャットフードは無添加がいい?【口コミ比較ランキング本舗】

猫の薬の飲ませ方

猫に薬を飲ませたい時

 

薬1

猫に薬を飲ませるのは容易なことではありません。
小さい頃から口周りを触って慣れている子や口を持たれても嫌がらない子なら難易度は低くなりますが、顔を持たれることが嫌いな子は口をあけることがまず大変です。
それでも、病気を治すためには薬を飲んでもらわないと困ってしまいますよね。そういう時はどうやって口を開けさせたら良いのでしょうか。

 

 

 

 

まずは口を持つ

頭の方から口の端を親指と人差し指で持ちます。この際、頭を手の平で包み込むように持ちましょう。

薬2

 

顎を上に向ける

口の端を持ったまま顎を上に向けるように首を動かします。この際息が苦しくならないように注意しましょう。

 

薬を飲ませる

 

《錠剤の場合》
もう片方の中指で、少し開いている口の先に指を引っかけて開きます。顎をきちんと上にあげていないと中々開かないので注意が必要です。口が開いた瞬間に喉の奥に錠剤が入るようにし、少量の水で飲ませてあげましょう。スポイトなどの先が細いものの方が飲ませやすいです。

 

《飲み薬の場合》
牙と奥歯の間は小さい歯なので隙間があります。その間に注入口を入れ少しずつ飲ませましょう。首を反らし過ぎるとむせてしまうので上げすぎないようにしてください。

 

《粉薬の場合》
医師の指示に従ってください。液体に溶かす場合は上記の方法で、ごはんにかける場合は味や匂いが分からないようによく混ぜてごまかしましょう。ウェットフードの方が粉が溶けて食べやすくなります。

 

 

嫌がる場合

 

猫が嫌がって薬を飲ませてくれないとき、まずは体を固定しましょう。
一人の場合は足や体で挟むようにして押えます。バスタオルなどで視界を遮ると大人しくなることがあります。
また、洗濯ネットに入れると暴れても逃げたり、怪我をしたりしないのでどうしてもの場合は試してみましょう。
2人以上いる場合は一人は猫を抑え、もう一人が猫に薬を飲ませましょう。猫を抑える人は、猫が信頼している人の方がいいです。
手がつけられない場合は病院で飲ませてもらいましょう。また、獣医師に相談し、別の飲み薬に変えてもらうなど、猫のストレスを軽減するような方法を取ってあげるのが良いです。