猫の健康には安全な水も必要

猫の健康には安全な水も必要

猫に与える水の重要性

 

水

毎日猫が飲む水。その水は安全ですか?
猫はもともと森やジャングルなどで生活していたので水に対して免疫力があります。だからと言って適当な水で良いのでしょうか。
例えば粗悪な水を与えた場合こんな危険性があります。水の中にいる寄生虫や細菌に感染してしまったり、有害物質が水の中に溶け込んでいたりすることがないとは言えません。これは特に猫を外に出して飼っている人は注意しなければなりません。
では家の中なら安全なのでしょうか。少なくとも泥水や汚れた水を与えるということは無いでしょう。しかしその水道水が本当に安全だと言い切ることができるでしょうか?それが不安でミネラルウォーターを飲んでいる人も多いのではないでしょうか。
そこで水道水とミネラルウォーターどちらを猫に与えた方が安全なのか比較してみました。

 

 

安全性

これはミネラルウォーターの方が安全だと言えます。
そもそもミネラルウォーターとは、特定の場所の地下から汲み上げられた水で煮沸消毒されたものです。その他にも紫外線などの光で水の中の細菌を殺菌します。
水道水とは塩素で水の中に含まれている細菌や不純物を殺菌、濾過し各家庭に水道管を通じて配給するものです。塩素は漂白剤と同じものなので、高い殺菌消毒があります。濾過もされるのでゴミなども綺麗に取り除かれます。
これだけなら一見、どちらも同じぐらいの安全性があるようにみえます。確かに、それぞれの基準をきちんと満たしていれば何も問題がありません。
ただし一部の場所で水道水の方が問題があります。それは水道管のさびや貯水タンクの管理に問題がある場合があるのです。
水道管は1度作るとそう簡単に取り換えができるわけではありません。特に大きな部分は難しいでしょう。それをずっと使い続けていると錆ついてしまいそのまま各家庭に流れて行ってしまうのです。
貯水タンクもこまめに掃除、点検しているのなら良いのですが、そういった場所も少ないのだとか・・・。そういった面ではミネラルウォーターの方が安全だと思います。

水道管

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫に与える影響

動物病院で聞いてみると「どちらでも問題ない」といわれることが多いのではないでしょうか。
確かに、日本の水道水はそのまま飲めるという安全性では世界屈指です。人間が生活していてもなんら問題なく水を使えるので猫に与えることも心配いりません。
ただ、上記でも書いたとおりその水が全く問題ないとは言えません。特に「消毒くさい」「嫌な味がする」と感じている人は何かしら問題がある可能性があるので注意が必要です。
そういった理由や健康面を考えてミネラルウォーターを購入している人は、猫にも同じものを与えている人もいます。
また、猫だけはミネラルウォーター、という人もいるのではないでしょうか。ミネラルウォーターにはミネラル成分やカルシウムが含まれており、これらは猫にとって害になることはほとんどありません。ただし注意しなければならないのは、猫には「軟水」でなければいけません。硬水に含まれている成分は猫にとって強すぎるので尿路結石の原因になる可能性もあります。猫にミネラルウォーターを与える際はよく確認してから与えましょう。

 

 

まとめ

どちらの水も良いところはありますが、信頼できるのはきちんと基準を満たして製造されたミネラルウォーターなのではないでしょうか。お金がかかってしまうというのも難点ですが、自分たちも飲めるので悪くはないと思います。今では猫用のミネラルウォーターも販売しているのでそちらも試してみるのも良いかもしれませんね。