猫用のペット保険ってありますか?

猫用のペット保険ってありますか?

ほけん

 

今、ペットを飼っている人たちが「ペット保険」というものに加入している人が多くなってきています。私たちは「自動車保険」や「生命保険」といった様々な保険に加入していますが「ペット保険」とは一体どういったものなのでしょうか。そして、それは猫にどんな保障をしてくれるのでしょうか。

 

 

そもそもペット保険って?

 

ペット保険とは、飼っている犬・猫が怪我や病気をした際に、治療費を負担してくれる制度です。
私たちの場合でもそうですが、何も保険に入っていなければ、病院に行って診断された時の金額は全額自己負担になりますよね。それはペットも同じで、何か病気になったり、突然の怪我で動物病院を受診し、処置をしてもらったときに、何も保険に入っていなければ飼い主が全額自己負担となります。
ペットの治療費って、結構お金がかかるんです。場合によっては1回で30万近くかかることもあります。
すぐに支払いができるなら良いのですが、30万はなかなかの大金です。そういった万が一に備えてペットを保険に加入させておくという人が多くなっています。

 

 

どんな保障がある?

 

ほけん2

基本的には加入後に病気や怪我をして治療費が必要な際に、加入している保険会社、加入しているプランに沿って金額が支払われるというシステムです。
値段によって保障されるものが違うことが多く、これらは年齢が高くなるにつれ保険料が高くなっていきます。
人間でも、若い人よりお年寄りのほうが保険料は高くなりますよね。高齢になるにつれ、病気や怪我をするリスクが高くなってくるためです。

 

 

保障されないもの

 

ペット保険にも、対象外のものがあります。

 

・避妊、去勢、妊娠、出産などの医療費
・保険加入前の怪我や病気の治療費
・先天性、遺伝性の疾患
・健康診断、予防接種など

 

健康診断や予防接種、避妊は去勢は保険料に含まれているような気がしますが、ほとんどの会社は保険適応外なので注意が必要です。
また、難病など特定の病気や怪我は対象外になるので、その保険会社がどんなことを保障してくれるのかしっかり確認しましょう。

 

 

猫が保険に入る理由で多いこと

 

猫は腎臓の病気や消化器、膀胱の病気を発症する子が多いとされています。
腎臓病、腎不全、胃がんや尿路結石など、どれも治療をしようとすると少なくとも10万以上はかかってしまいます。
特に内臓の疾患の場合、手術の他にも長期治療を必要とすることが多く、100万円を超えてしまうケースがあるそうです。
高齢になればなるほど、そういったリスクが高くなります。お金がないからと言って、家族であるペットを放置するわけにもいきませんよね。そうならないように、大切な家族をいざという時に守るため、ペット保険に加入する人が増えてきています。

 

 

猫の保険料は高い?

 

猫は犬と違い、種類によって保険料が異なることはあまりありません。また、犬よりも月額が安いことが多いので入りやすいのではないでしょうか。
ただし、高齢になるほど保険料が高くなる保険料が安い代わりに保障が手厚くないなど値段だけでみるとひっかかる場合があるので比較して慎重に選ぶことが重要になります。