子猫に与えるキャットフードは?

子猫に与えるキャットフードは?

子猫に与えるキャットフードは?

 

子猫

子猫は普通、生後1か月程度までは母親の母乳で育ちます。
母乳にはたくさんの栄養が入っている他に、免疫力を高める成分も入っていて子猫には大切な食事です。
しかし何らかの理由で、母乳で育つことができない場合、子猫用のミルクが販売されています。これは生後すぐから与えることができるので、困ったらとりあえずミルクを与えてあげましょう。

 

 

1ヶ月経つと、子猫は少し歯が生えるので、多少の固形物が食べられます。その時に与えるとよいのが離乳食です。人間の赤ちゃんのように、どろどろになったキャットフードになっています。子猫の歯は生えたばかりで弱く、固いものを噛むことができません。無理に与えると口腔内を怪我してしまう可能性もあります。また、消化不良をおこさないためにも、柔らかいものを与えるようにしてください。

 

 

 

ねね

2か月ぐらいから様子を見て少しずつ子猫用のキャットフードをそのまま与えてみましょう。子猫用のキャットフードは粒が小さいため口の小さな子猫が食べやすくなっています。また、成猫に比べて栄養価が高く、少量でも十分な栄養が取れるように工夫されています。

 

 

 

 

子猫用のキャットフードを与えたほうがいい理由

 

大人用のキャットフードは粒が大きく固いため子猫はとても食べづらく怪我の原因にもなります。また、子猫用のほうが栄養価が高く高カロリーなので少量で十分なのに対し、大人用はある程度の量を食べなければ十分な栄養が取れなくなっています。
人間でも子どもが栄養の低いものを食べていたら大きく育ちませんよね。子猫も同じなんです。
体が小さいとすぐにお腹がいっぱいになってしまいますし、子猫は眠っている時間がとても多いのでついつい食べるのが面倒になってしまったりするかもしれません。
1歳を超えるまでは、栄養面をしっかり考えて子猫用を与えたほうがいいでしょう。

 

 

与える際に注意すること

 

アレルギー

子猫がキャットフードを食べ始めるようになってから気をつけなければいけないのが「アレルギー」です。
猫も人間と同じようなアレルギーがあります。キャットフードに含まれている小麦など穀類のアレルギー、野菜や果物のアレルギーなど、様々な食べ物が対象になります。知らずに与えていると下痢が続いたり、体調不良を起こしてしまいます。

 

特に子猫は体力もなく、免疫力が十分ではないので重症になる可能性も否めません。
多頭飼いの場合はほかの猫は大丈夫なのに1匹だけおかしい、という時も注意が必要です。
理由が見つからないのに下痢や嘔吐が続く時は動物病院で検査をしてもらいましょう。
そしてもしアレルギーであった場合は対象となる成分が含まれていないキャットフードを与えるか、猫のためにご飯を作ってあげるなどの対応をしてください。

 

 

これから長く付き合っていくキャットフードだからこそ、慎重に選ぶ

 

私たちからしたら白米のような感じでしょうか。ほぼ毎日食べますよね。猫にとってはキャットフードがごはんです。品質が悪いものやおいしくないものは自分だったら食べたくありません。
きっと猫も同じ気持ちになると思います。これからずっと食べていくものだから、高品質でおいしく、健康に良いキャットフードを与えましょう。
それはすべて、子猫のころから重要になります。小さい頃から良いものを与えることに越したことはありません。新しく家族を迎え入れるこの時期に、キャットフードは慎重に選びましょう。

 

 

まとめ

・歯が生えるまでは母乳、子猫用のミルクを与える
・1か月程度から歯が生え始めてから離乳食を与える
・2か月ぐらいから様子を見てドライフードを与える。初めはお湯や水でふやかしてあげる。
・生後○歳から、などかかれているキャットフードと猫の年齢に合わせて与える
栄養面に注意する
猫の体にごはんがあっているかを見る(下痢やアレルギーなどをしてないか)
・子猫のころから良質なキャットフードを与えたほうがよい