猫のダイエット方法

猫のダイエット方法

 

ダイエット

 

近年、室内飼いの猫の肥満が問題視されています。野良猫に対して室内飼いの猫はどうしても運動量が減り、美味しい御飯がたくさんあるので食べ過ぎてしまうためです。
猫が肥満になると、内臓機能に影響がある、足腰に負担がかかり怪我をするなどの障害が多く発生します。
また、猫は一度肥満になるとなかなかダイエットするのには難しく、後で痩せればいいやと人間のように思っているとどう仕様もならなくなるケースも多いです。
太りすぎは猫の寿命も短くする原因にもなるので、肥満の猫は出来るだけダイエットをしましょう。

 

 

猫の適正体重って?

 

そもそも、猫の適正体重はどの程度なのでしょうか。一般的には3〜5kg前後とされていますが、これらは猫の種類や骨格によって大きく異なります。そこで使用している指標があります。

 

@BCS(Body Condition Score) ボディコンディションスコア
AWATHAM S.H.A.P.E? チャート
BFBMI? (Feline Body Mass Index) 猫のBMI

 

これらを基準にして獣医師は判断しているそうです。素人であっても、大まかな判断はできるそうなので一度チェックしてみるのもいいかもしれません。

 

 

ダイエットは長期戦

 

人間のように「痩せよう!」とは猫は思いません。突然ご飯を減らすと、ストレスがたまってずっと泣いたり、いろんなものを口にしてしまう可能性があります。少しずつ量を減らし、無理のないように運動をさせましょう。効果が出るまで1年以上かかる子もいるので飼い主の根気が必要です。

 

ダイエット時間

 

まずは食事制限から

 

肥満になる一番の原因はご飯の食べすぎです。
エサ箱にたくさんエサをいれておく与え方や、かわいくてついつい多くあげてしまう、おやつをあげすぎてしまうなどの問題をまずは解決していきましょう。
キャットフードのパッケージには猫の体重に合わせた適切な摂取量が書いてあるのでそれを目安に与えるのが良い方法です。
しかし、それに合わせると今までより極端に減ってしまう場合は、一気に減らさずに少しずつ量を調節しましょう。

 

ダイエット食事

 

運動をする

 

肥満であるほど、猫は動きたくなくなります。いくらエサの量を減らしても摂取カロリーより消費カロリーは少なければ効果はあまり期待できません。一番いいのは猫じゃらしで遊ぶことですが、すぐに飽きてしまったりそもそも動かない場合は、猫の興味をそそることを行いましょう。
例えば、ボールの中に餌を入れて、工夫しなければ食べることができないというおもちゃもあります。
そうして猫が動きたくなる状況を作ってあげましょう。あまりに肥満の場合は急な運動をさせると足腰を痛める原因にもなるので、難しければ獣医師に相談するのもよいでしょう。

 

ダイエット運動

 

肥満用の療法食を与える

 

肥満の猫に与える療法食が販売されています。カロリーは低く、少量でも満腹感を得られるので食事管理にはとても役に立つでしょう。