猫の口臭とデンタルケア

猫の口臭とデンタルケア

猫は人間のように食後に歯磨きをしません。いくらきれい好きといっても、口腔内まで綺麗にするには人間の手が必要になります。猫用の歯ブラシや歯磨き粉も販売されていますが、慣れていないと歯磨きをさせてくれる猫はあまりいません。だからと言って一切なにもしないと、歯周病になりさまざまな病気のリスクが高くなります。そこでどういったケアが必要なのでしょうか。

 

 

《そもそも口臭の原因って?》

nene

猫の口臭の原因は以下のことが考えられます。

  • 歯垢、歯石が多い
  • ウェットフードなどの柔らかいものばかり食べている
  • 人間の食べ物を食べている
  • 口内炎を起こしている
  • 風邪などの体調不良
  • 胃や食道などの不調や炎症

 

nene

猫はドライフードなどの固いものを食べることで着いた歯垢をある程度一緒に落とすことができます。ですが柔らかいものは歯につきやすく、隙間にも入りやすいので口臭の原因になります。また、人間の食べ物はそこまで固くないので歯垢がつく原因です。これらを歯磨き等で落とさないで蓄積されていくことできつい口臭の原因となるのです。
また、歯磨きをしているのに臭う、キャットフードとは違う嫌な臭いがするという場合は内臓の疾患や体調不良の可能性があるので様子を見て動物病院を受診しましょう。

 

 

《予防、対処方法》

口臭を抑える方法としては以下のことが挙げられます。

  • 歯磨きをする
  • 歯磨き粉をなめさせる
  • デンタルケアができるキャットフードを与える
  • 動物病院で歯垢、歯石除去をしてもらう

 

今は猫の口の形に合わせて磨きやすいように考えられた歯ブラシが販売されています。そういったものを利用して磨いてあげましょう。歯磨き粉を舐めさせるだけでも口腔内が綺麗になり口臭が軽減されます。指で歯をなぞるだけでも何もしないよりは効果があります。出来るだけ歯に直接効果があるような対策をしましょう。
歯磨きが難しい、歯を触ることができないという場合はデンタルケア用のおやつが販売されているのでそれらを使用するのもよい方法です。ですが与えすぎるのは肥満の原因にもなるので注意が必要です。
あまりに口臭が酷い、自宅ではどうしようもない場合は動物病院で歯垢、歯石除去をお願いしましょう。

hamigaki