猫のトイレが臭い時はどうする?

猫のトイレが臭い時はどうする?

raito

 

猫を飼っていて、トイレが家の中にある場合、どうしても気になるのが猫のトイレのにおいです。猫のおしっこは独特の刺激臭があります。これは一度衣類や床につくとなかなか落とすことができないほど強烈です。それらを吸収するトイレはそのままでは匂いが発生する場合もあります。それでは、トイレがにおう場合はどんな対処をすれば良いのでしょうか。

 

《ねこの排泄時によるにおいの場合》

猫がおしっこやうんちをした後の臭いを軽減する場合には以下の方法があります。

 

・すぐに片付ける
・消臭力の高い猫砂、ペットシーツを使用する
・消臭ビーズを砂に混ぜておく
・ドーム型のトイレに変更する
・空気清浄機を近くに置く

 

一番良いのはすぐに片付けることですが、これは中々難しい場合があります。その際は吸収力が良く、消臭力も強い猫砂やシステムトイレを使用しましょう。猫砂をきちんと排泄物にかけることが苦手な猫もいます。そういう場合はトイレをドーム型のものにしてあげたり、空気清浄機の近くに設置するなどの工夫をしてあげましょう。システムトイレはおしっこシートを定期的にチェックして、溜まったらすぐに交換してください。そのままにしておくと、そこから匂いが発生します。また、猫砂と一緒に撒いておくことで消臭をしてくれるビーズも販売されています。それらも利用して臭いを軽減させましょう。

猫用システムトイレも効果大

toire

システムトイレ用の猫砂は、ペレットタイプで粒が大きいものがほとんど。砂をかけるのが下手な猫はうんちを丸出しで出て行ってしまいます。おしっこの臭いは全くと言っていほど気になりませんが、うんちの臭いはちょっと・・・ですよね。でも実は、ペレットの素材も色々あり、特に私個人が気に入っているのが、様々なものを比較検証した結果、シリカゲルが入っているタイプが一番という結果に。これは、他のペレットと違い、うんちの水分を急速に乾燥させ早い時間でカラカラにしま
す。カラカラになったウンチは気になるほど臭いがしません。また、片付けの際もあの独特のムニュっとした感触がなく簡単で、スコップも汚れにくいです。管理人のおすすめです。

 

 

《トイレ自体のにおいの場合》

おしっこやうんちをしていないのにどうしても臭いが取れない場合はトイレ自体の問題の可能性もあります。その場合は以下の方法があります。

 

・トイレを定期的に洗う
・トイレを買い替える

 

peko

ずっと使いっぱなしのトイレにはどうしても臭いが付いてしまいます。長持ちさせるためにも砂をすべて交換する際などに一緒に洗いましょう。難しい場合はウェットティッシュなどで拭くのも効果的です。それらを行ってもどうにもにおいが消えない場合は思い切って新しいトイレを買いましょう。その際、一気に変えてしまうと猫がトイレをしなくなる可能性もあるので少しずつ新しいトイレに慣れさせるようにしてください。