キャットフードの賞味期限

キャットフードの賞味期限

tyatya

人間の食べ物にも賞味期限や保存方法があるように、キャットフードにもそれぞれ適切な方法があります。自分の猫の食い付きが悪い時などはもしかしたら保存方法が悪くて味が落ちていたり、賞味期限が切れていて美味しくないのかもしれません。では、飼いネコがずっとおいしくキャットフードを食べてくれるにはどうしたらよいでしょうか。

 

【 キャットフードの賞味期限 】

キャットフードには大きく分けて「ドライフード」「ウェットフード」の2種類があります。
両種、特徴と注意点が異なりますので、別々にご説明します。
メーカーや使用原料によっても異なりますので、あくまで参考にしていただくようお願いたします。

 

ウェットフードは未開封であれば缶詰と同じなので約3年ほど持ちます。

rakuichi

しかしこちらはドライフードと違い、開けたら2日以内に消費しないと風味だけではなく品質にも問題が出てくるのですぐに食べきらなければいけません。
どちらのキャットフードも開封後は味の落ちが早いのでおいしく与えるためにはなるべく与えましょう。
なお、これらの賞味期限は適当な環境で保存した場合になります。
高温多湿の場所では賞味期限だけではなく消費期限も早まってしまうので保管場所には注意が必要です。

 

 

ドライフードは約1年〜1年半程度の期限があります。乾燥しているので開封後も保存がききます。

rakuichi

しかし、お菓子と同じで開封して日が経つと風味が落ちたり湿気たりして味は悪くなってしまいます。
おいしく食べるのであれば開封後1か月以内に消費しましょう。

 

 

ドライフード

《賞味期限》

これはメーカーによって様々ですが、基本的には約1年ほどです。それ以上の期間持つようなドライフードには添加物が多く含まれている可能性があるので注意が必要です。ドライフードはウェットフードに比べて短く、開封すると約1か月で風味が落ちると言われています。これは気温や湿度によっても変化しますが、きちんとした保存をすれば丁度食べ終わる頃に消費されるようになっています。

 

【ウェットフード】

《賞味期限》

缶詰タイプのウェットフードであれば約3年、パウチのウェットフードであれば約2年ほどの賞味期限になっています。ドライフードよりもだいぶ長期に渡って味が損なわれません。しかし一度開封してしまうと賞味期限、消費期限ともに2日程度です。ウェットフードは水分が多く、生のような状態なので空気に触れるとすぐに酸化し悪くなってしまいます。開封したらすぐに消費し、2日以上経過したものはなるべく与えないほうがよいでしょう。