初めて猫を飼う時に揃えるものは?

初めて猫を飼う時に揃えるものは?

今まで猫を飼ったことがない、という人は一体何を準備したらよいのか戸惑うと思います。犬とは準備するものが違うので、注意しましょう。新しく猫を迎えるために、これだけは用意しておきましょう。

 

トイレは頭数+1個

猫はとてもきれい好きな動物です。トイレが汚れているとおしっこをほかの場所でしてしまう子もいます。そうならないようにトイレの数は飼う猫の数より一つ多く用意しておきましょう。

猫用トイレには大きく分けて2種類ある

・砂を敷き詰めたトイレ
・システムトイレ
この2種類があります。砂を敷き詰めたトイレは、入れ物に猫砂を入れるもので、おしっこをすると砂が固まるものです。うんちも砂で隠すことができるので臭いも多少軽減されます。こちらは砂の値段がそこまで高くないのでお手頃ですが、猫が砂をかける際に飛び散ったりおしっこを毎回片づけなければいけません。
システムトイレとは、おしっこだけが下に流れていき、シートに吸収されるので砂の消費が少なくなり、掃除の手間も省けます。シートも1週間交換しないで大丈夫というものが売っているので毎回おしっこを取る必要がありません。砂に比べて粒も大きいので飛び散りも防ぐことができます。ただし、砂とシートはシステムトイレ専用のものを使用しなければならず、値段も少し高いので、消費が早い場合は費用がかかってしまうかもしれません。飼う頭数や環境によって選びましょう。

 

 

ケージを用意する

猫は初めての場所はとても警戒します。なるべく狭く暗い場所で、自分だけのテリトリーが作れる環境をセッティングしてあげましょう。このときに毛布やベットなどを一緒に入れてあげるとそこを自分の寝床にします。そうしてまずは安心できるようにさせましょう。

ke-ji

 

 

えさと水を用意する

常に新鮮なえさと水があるように、飼う環境によって工夫しましょう。今は自動で水やえさが出るものもありますので、長時間家を空けなければいけない人はそういったものを利用するのもいいかもしれません。このときからキャットフードをきちんと選びましょう。ドライフードは保存方法にも注意しなければなりません。開封したらジップロック等に入れてなるべく早く消費しましょう。

 

 

キャリーバックを用意する

キャリーバックとは、猫を入れるためのかごのようなものです。動物病院などに行く際に移動するときに入れて運びます。いつどんなことが起こるか分からないので、必ず1つは用意しておきましょう。また、飼い始めたら動物病院で健康診断やワクチンなど必要なことをしてあげましょう。

cariibakku

 

 

爪とぎ、爪切りを用意する

猫は自分の爪を固い場所で研いで、常に鋭くしています。これは猫の本能なのでやめさせることはできません。壁や柱を気づ付けられる前に爪とぎを用意してそこでするように教えましょう。今は様々な爪とぎが販売されています。自分の猫が気に入りそうな爪とぎを選んであげるのもいいですね。また、出来るようなら定期的に爪を切ってあげましょう。伸びすぎているとどこかに引っかけて爪が折れてしまったりする可能性があります。難しい場合は動物病院で切ってもらいましょう。

tumekiri

 

 

室内飼いの場合はおもちゃも必要

猫もストレスが溜まります。また、人間と同じく運動も必要です。室内飼いの場合、おもちゃで遊んであげるとカロリーが消費され肥満対策になります。また、子猫の頃に手などで遊ぶと大きくなっても手で遊び、人間が怪我をします。性格が荒くなってしまう場合もあるので、極力猫じゃらしなどで遊んであげましょう。

omotya