猫に食べさせてはいけない食品・食材

コレ、ダメだったの!?以外と多い、猫に食べさせてはいけないもの

raito

私たち人間にとって美味しいものが、必ずしもほかの動物にも美味しいわけではありません。
「これはおいしいから、きっと猫にあげても大丈夫だろう」
と、安易に与えるのはとても危険な行為です。特にいろんな食材が混ざっているものや見えないものなどは注意が必要です。特に子猫はなんでも興味を持ちます。そして体が小さいので大人の猫より症状が重く現れてしまう可能性もあります。それでは、どんなものが猫の体に影響があるのでしょうか。危険度別に上げていきます。

 

《ネギ、タマネギなどのネギ類 危険度:★★★》

猫に最も食べさせていけない食材です。
そのままはもちろん、スープに溶け込んだものや加熱しているものも影響があります
玉ねぎは調理方法によってはとても美味しくなります。
しかしそれは人間にとってだけですので、おいしいからと言って与えるのは危険です。
もし、猫がネギ類を摂取した場合「ネギ中毒(溶血性貧血)」という症状を引き起こします
これは、ネギに含まれている成分が体内の赤血球を壊し、重篤な貧血を起こすものです。

raito

他に血尿や下痢、嘔吐を伴い、最悪の場合死に至ります。ネギ中毒になる摂取量は個々によって違っていきます。
ほんの数量で起こす子もいれば、結構な量を食べても問題ない子もいます。
ともあれとても危険な食材なので絶対に与えないようにしましょう。

 

 

《チョコレートなどのカカオ 危険度:★★★》

私たちにとっては甘くておいしいチョコレートですが、猫にとっては危険な食べ物です。
チョコレートの原材料になっているカカオは、猫の中枢神経を刺激して嘔吐やてんかん等の重篤な症状になります。また、腎臓系に障害が出るため、多尿や血尿になる可能性があります

itachoco

これも個体差があるので少しの量でも重体になってしまうこともあります。
保管方法には十分に注意しましょう。
特に小さいお子さんがいる家庭では食べこぼしにも注意が必要です。

 

 

《コーヒー、紅茶などのカフェイン 危険度:★★★》

様々な飲料に含まれてるカフェインは、人間の眠気覚ましやリフレッシュに効果がある成分です。
しかし猫にとってはこれも有毒で、強い興奮作用があります

co-hi-

摂取した場合、体調不良を起こします。
摂取量があまりにも多い場合は死亡してしまう可能性もあるので誤ってコーヒーを飲んでしまったり、カフェインの含まれているお菓子などを食べさせたりしないように気をつけましょう。

 

 

《アボカド 危険度:★★★》

意外と知られていない食べ物の一つです。

abokado

アボカドの皮から種までのすべての部分が猫にとって有害になります。
摂取してしまった場合、消化器に影響を及ぼし、下痢や嘔吐を起こします
最悪の場合死亡してしまったというケースもあるので与えないようにしましょう。

 

 

《イカやタコなどの魚介類 危険度:★★☆》

猫に生の魚介類を与えるのはNGです。
特に生のイカは消化できない成分が含まれており与えすぎると「急性ビタミンB1欠乏症」という病気になります

fish

これは最悪の場合死亡してしまうケースもあるので与えないようにしましょう。
他にも、生で与えることによって消化不良を起こし、下痢や嘔吐の原因になります。
猫たちは生魚などに反応して食べてしまう場合もあるので保存方法に気をつけましょう。

 

 

《生の豚肉 危険度:★★☆》

buta

人間が食す際も豚肉は過熱しなければなりません。
これは生の豚肉にトキソプラズマという虫が寄生しているためです。
加熱せずに食べた場合、人間にも猫にも寄生する可能性があるので、与える場合は必ず加熱しましょう。

 

 

《香辛料や塩分の多いもの 危険度:★★☆》

tougarashi

人間の食べているものは塩分や香辛料が多く使われています。
猫の食事にはそれらは必要ないので、摂取すると胃に大きな負担がかかり下痢や嘔吐などの様々な症状が出ます。味の濃いものやわさびなどの刺激の強いものは与えないようにしましょう。

 

 

《ぶどうやレーズン 危険度:★☆☆》

tougarashi

これは最近知られたものです。知らない人も多いのではないでしょうか?
多量に摂取した場合は下痢や嘔吐、腎機能の障害が起こるとされています。レーズンは粒が小さいので食べこぼしたものを猫が誤って食べないように気をつけましょう。

 

 

《牛乳などの乳製品 危険度:★☆☆》

milk

人間の飲んでいる牛乳は猫には分解できない成分が含まれています。これらを多量に摂取すると下痢になる可能性があり、長期的に飲んでいると尿路結石の原因にもなります。与える際は必ず猫用の牛乳を与えましょう。また冷蔵保存等をしていた冷たいままだとおなかを壊してしまう可能性もあるので軽く温めてあげるのが良いです。