愛猫に悪影響!?与えたくない原材料は?【4Dミートとは?】

猫に悪影響!?与えたくない原材料(4Dミート)

 

ペットフード製造の現実

  • 「Dead(死んだ、死骸)」
  • 「Diseased(病気)」
  • 「Dying(死にかけの)」
  • 「Disabled(障害のある、けがをしている)」

 

上記のいかにもな単語。これは何でしょうか?実はこれが「4Dミート」と呼ばれるものの正体です。キャットフードやドッグフードなど、動物のえさに使用される言葉です。実はこの4Dミート、とんでもなく悪質な原材料を指す言葉として使われています。

 

先頭につく文字がDであることから、『4D』と呼ばれています。日本語の意味に直してみると、とても不穏な言葉ですね。実は恐ろしいことに、これらの問題を抱えた動物を、キャットフードの材料として使用している場合があるのです。なぜそんなことをするのか、それは人間側の勝手な理由にあります。

 

ペットフード安全法

すべてのメーカーがこのような原材料を使用しているわけではありません。一部の悪質なメーカーですが、ペットフードは農林水産省で食品と定められていないので、原材料に何を使おうが何と表記しようが罰則がない(有害化学薬品等に対する規制はあります)。左の書類はペットフード安全法で定められている基準と規格です。クリックすると大きいサイズで見れます。
出典:農林水産省HP

 

人間が食べれない部分として残った牛や豚、鳥の肉や皮、内蔵や骨などは廃棄をします。その際にかかる費用はとても高く、なるべく廃棄を少なくしようとするのです。そしてその矛先がキャットフードに向いています。

 

もともとはアメリカで使用されていた表記でした。品質がい霜降り肉などは1ランク、その基準で、4Dミートは最悪の9ランクとされているものを指します。人間が食べることのできる最低ランクが7ランクです。それよりもさらに2ランク下の肉を、使用していることを表しています。では、そういった肉とはどういうものなのかというと、先ほども既述したように「人間が食べることのできない部分の残り」を示しています。さらに4Dミートとは病気を持っている動物や死骸、腐敗した肉も使用されている場合があるのです。信じられないような話ですが、実際販売されているのも事実です。

 

ではなぜ分からないのか、それはどんなに悪質なものでもミンチにしてしまえば購入者は判別することができません。さらに加工も加え、表記も変えてしまえば判別はほぼ不可能になります。すべての販売会社がこのようなことをしているわけではありませんが、区別をつけるのは難しいのが現実です。購入を避けるためには、きちんとした材料を使っているのかを事前に調べる、安すぎるキャットフードは購入しないといった対策が必要です。

 

また、4Dミートと同時に気をつけたほうが良い表記は「○○ミール」と書いてあるものです。これらも4Dミートと同様、悪質な食材をミンチにし、加熱して有益な脂肪分を取り出したものを使用しています。この作業を「レンダリング」と言って、タンパク質や脂質として使う成分を取り出すことを言います。これらは最終的にキャットフードに含まれることになるので、こういった表記を見かけた際は注意すべきでしょう。

 

4Dミートを見分けるというのは容易ではありません。しかし悪質な食材を与え続けるのは猫の健康にも有害です。飼い主である私たちが情報をよく集め、きちんとしたキャットフードを与えられるようにしましょう。

 

まとめ

原材料欄によく書かれているあまり与えたくない成分は以下になります。

  • 肉副産物
  • 家禽ミール
  • チキンミール
  • ミートミール
  • フィッシュミール
  • 穀物類(含有量にもよる)
  • 獣脂
  • 香料
  • 着色料

などなど・・・

 

 

成分表 成分表

 

成分表は含まれている量が多い順に上から書かれています。一番初めに穀物類が書いてあるものは、コストカットのための量増しの可能性が非常に高いので気をつけましょう。
着色料や香料も人間の目から見た見た目や、食欲を匂いで無理やり増進させるためのものです。合成添加物と呼ばれるものです。できるだけ避けたいですね。上記の成分表の写真を比較すると一目瞭然ですね。右の写真が当サイト調べ、口コミ人気No.1のカナガンです。

 

私が思うに、ペットフードは人間の食べるものとは違い、非常に規制が緩く、よくないものが入っている可能性が高いものです。自分の子供に安全性が不透明なものを食べさせますか?ということです。キャットフードを購入するときは、必ず原材料欄(成分表)を確認し購入しましょう。これは、飼い主の責任ですね。