キャットフードの保管方法

キャットフードの保管方法

【 キャットフードの保存方法 】

キャットフードにも、適切な保存方法があります。
人間の食べ物と同じで、悪い環境に置いていけば早く悪くなってしまいます。
おいしく与えるためにはそれぞれのキャットフードに合わせた方法がいいでしょう。

 

 

《ドライフード保存方法》

canagan

ドライフードは文字通り乾燥しているものです。そのため、湿気に非常に弱く、湿度の高い梅雨の時期などは早く湿気てしまいます。封を切ったまま、輪ゴム等で縛って保存している人も多いと思いますが、それは一番良くない保存方法です。高温多湿の場所であれば賞味期限よりも早く風味や品質が悪くなってしまいます。また、場合によってはカビの発生の原因にもなるので注意が必要です。
もっともよい保存方法は、湿気の少ない日陰でジップロックなどの容器に移し替えて保存する方法です。空気に触れる機会を少なくすることで湿気を避けることができます。こうして別の容器に移し替えるだけでも長くおいしく与えることができるので、開封したらすぐに入れ替えましょう。
高温多湿な場所に置いておくと、風味だけではなく、カビや虫が発生する原因にもなってしまいます。
特に開封してそのままではどんどん品質が悪くなっていくので清潔な容器に入れ替えましょう。

youki

一番良いのはジップロックのような密封できる容器に入れることです。
様々なサイズがあるので必要な大きさに入れて保存しましょう。
プレミアムキャットフードの場合、無添加で、保存料も植物由来のものを少々使っているだけのものが多いので、市販の安価なキャットフードよりも長持ちしません。調査結果では、ほとんどのプレミアムキャットフードが開封後は1ヶ月以内で食べさせろとあります。

 

 

《ウェットフード保存方法》

未開封の場合は、高温多湿を避けていれば常温でも問題ありません。開封後、使い切れなかった分は別の容器に移し、冷蔵庫で保存しましょう。
reizouko


常温で放置しておくとカビが発生したり、悪くなってしまいます。「たくさん余ってしまって食べ切れない」という場合は冷凍保存も可能です。解凍する際は自然解凍しましょう。間違ってレンジで温めてしまうと味がとても落ちてしまい、食べなくなる猫が多くなるそうです。
開封後はできるだけ早く与えましょう。水分が多いのですぐにカビが生えたり腐ってしまいます。
1回で食べきれない場合は冷蔵庫に保存して2日以内に消費してください。
ウェットフードは冷凍保存ができます。解凍する場合は自然解凍にします。電子レンジ等で温めるのはNGです。